あなたの家にも高価買取が期待できる銀貨や古銭があるかも!

銀貨や古銭という言葉から、どうせうちにあるはずがないと、そういうイメージを持ちがちですが、実はそんなことはありません。

銀貨というのは銀が成分として含まれている貨幣を言いますが、実は記念硬貨として発行されることが多々あります。

例えば、昭和39年の東京オリンピック記念1000円銀貨や100円銀貨、東日本大震災復興事業記念千円銀貨、2002年FIFAワールドカップ記念千円銀貨など、様々な節目や国際的なスポーツの祭典の記念ごとに発行されることがあります。

家の箪笥に眠っている可能性は充分にあると思います。買取を行っている業者も多くあるので、そのまま眠らせて置くくらいなら買取を依頼してお小遣い稼ぎにするのもありです。

また、古銭というのは昔のお金のことを言いますが、昔と言っても大昔から最近まで非常に幅があります。

例えば、昭和62年に作られた500円玉は流通枚数が少なく、古銭としてのプレミアがついていますし、同じく昭和62年の50円玉にいたっては10000円という超高値での買取がされることもあります。これらのような比較的最近の硬貨であっても古銭として買取がなされているので、この機会にお財布の中を確認してみてはどうでしょう。昭和62年の50円玉を発見できるかもしれません。
http://xn--tor1a7847an8e.net/shixtuteok/kuri-ninngu.html