中国古銭の買取りについて

古い時代の貨幣にはロマンがあります。日本でも古民家などで、離れの蔵などに中国の古銭が眠っていた、なんてことは珍しくありませんが、しかしこうした古銭、一体どの程度の価格で買取されているものなのでしょうか。

まずこれは当然のことなのですが、こうした買取価格に、当時の時代の価値は関係がないということです。古銭の価値は、現在からみた流通量の希少性で決定します。一見するとつまらない形状のものであっても、中国を含めて市場に殆ど出回っていなければ、価格は高くなります。

となれば、必然的に古い時代のものが高くなると思いきや、実はそうでもありません。例えば「前漢」の「五銖 」などという古銭は、非常に古い貨幣ですが、数が大量に発見されているので、それほど高くは売れません。

一方で比較的近代であっても、例えば清王朝の銀貨「大清銀幣」などは、中国の国内でもあまり数がなく、非常な高値で買取されます。

他にも周の時代「尖首刀」などは、円形ではなく、文字通り「刀」の形をしている古銭ですが、こうしたものは円形でないがゆえに壊れやすく、良好な保存状態を保っているケースが本場の中国でも少ないので希少です。形状も独特なのでコレクターにも人気があり、高値で買取されることが多いです。
参考:中国古銭に詳しい方、いらっしゃいませんか?

昔の紙幣や古銭の買取

昔の紙幣や古銭の買取は、とてもロマンのある話です。自分が生まれるずっと前に製造されたものを手に取る瞬間は、悠久の時を感じざるを得ません。今まで何人の人が、どんな人が紙幣や古銭を手に取ってきたのだろうと考えるだけで高揚します。どんなデザインか、そして印刷のされ方など、細かい点を見れば見るほど味が出てきます。
あなたの財布入ってるかも?!超高額なレア紙幣まとめをご覧ください。
昔の紙幣や古銭は、基本的にそれ以上のお金を出して買取することになります。例えば100円紙幣や古銭であれば、100円以上の値がついているはずです。昔は普通に100円として使われていたものを、それ以上のお金を出して買うのは気が引ける方もいますが、マニアであれば全く気になりません。

比較的安価で買取できるものも多いですが、中にはとんでもなく高い値がついたものもあります。古銭は多くの方が使っているので状態が好ましくないですが、その中で新品の古銭があれば貴重なものとなります。その他には、印刷が間違っているなどの異常な紙幣や、間違った部分に穴の空いている古銭なども高値の買取となります。昔は印刷の技術もそれほど発達していなかったので、このような間違ったお金は頻繁に発生していたようです。知れば知るほど、ロマンのある世界だと気づきます。

古銭買取業者の口コミをチェックする利点

古銭買取業者の口コミを積極的に確認する事で、どのような対応や買取を実施してくれる業者なのか判断する事ができます。大量の古銭どうしたら・・・とすぐに売ってしまわず、まず優良業者を見つけましょう。口コミは実際に利用した方が書き込みを行っているので色々と貴重な情報を得られるチャンスです。このような口コミはインターネット上に多く存在しているので、比較的簡単に見つける事ができます。

その中でも素晴らしい古銭買取業者の口コミが多数ある場合には、その業者は初めての方から日頃利用している方まで多くの人が安心して利用できる業者です。逆に悪質な評価があまりにも多い場合には、悪質な評価が多い古銭買取業者を利用する事で深刻な事態に巻き込まれる可能性が発生します。

口コミをチェックする事で古銭買取業者の内部情報を入手する事ができるので、多くの人が確認しています。どの古銭買取業者でも口コミによっては、良い部分と悪い部分が掲載されています。総合的に判断して、素晴らしい業者を見つける事ができるのが口コミの利点です。

また口コミをチェックする際、お金を支払ったり、特別な能力が必要になる事はありません。自分の好きな時にチェックする事ができるので、時間帯や周りの視線を感じないで、気軽に確認する事ができます。

記念コインや古銭を高く買取してもらおう

国家的なイベントの際に発行される記念コインや昔のお金である古銭は好きな人にとってはかなりの価値がありますが、そうでない場合にはただのゴミにしかなりませんよね。そのような場合には記念コインや古銭を買取してもらうのも一つの方法です。

高く買取してもらうには記念コインや古銭ができるだけ製造された時と同じ状態であることが大切なポイントです。誰しも汚いものは購入しませんよね。古銭や記念コインの場合も全く同じです。やはり新品同様のきれいなものであるとかなりの価値が付きます。ただし一つだけ注意点があります。きれいにしようと考えて研磨した際に細かいキズが入ってしまう場合があります。そうなると高額買取どころか減額査定となります。研磨する際には傷つけないように細心の注意をする必要があります。

買取業者も選ぶ必要があります。公安委員会から古物商の認可を受けている事はもちろんですが、記念コインや古銭の買取に強い買取専門店を選ぶ必要があります。その際に参考になるのが、地元の人の噂やインターネットの口コミサイトになります。査定額が高かったり評判がよかったらすぐに噂が広まったり口コミサイトに投稿されますから参考になりますよ。

あなたの家にも高価買取が期待できる銀貨や古銭があるかも!

銀貨や古銭という言葉から、どうせうちにあるはずがないと、そういうイメージを持ちがちですが、実はそんなことはありません。

銀貨というのは銀が成分として含まれている貨幣を言いますが、実は記念硬貨として発行されることが多々あります。

例えば、昭和39年の東京オリンピック記念1000円銀貨や100円銀貨、東日本大震災復興事業記念千円銀貨、2002年FIFAワールドカップ記念千円銀貨など、様々な節目や国際的なスポーツの祭典の記念ごとに発行されることがあります。

家の箪笥に眠っている可能性は充分にあると思います。買取を行っている業者も多くあるので、そのまま眠らせて置くくらいなら買取を依頼してお小遣い稼ぎにするのもありです。

また、古銭というのは昔のお金のことを言いますが、昔と言っても大昔から最近まで非常に幅があります。

例えば、昭和62年に作られた500円玉は流通枚数が少なく、古銭としてのプレミアがついていますし、同じく昭和62年の50円玉にいたっては10000円という超高値での買取がされることもあります。これらのような比較的最近の硬貨であっても古銭として買取がなされているので、この機会にお財布の中を確認してみてはどうでしょう。昭和62年の50円玉を発見できるかもしれません。
http://xn--tor1a7847an8e.net/shixtuteok/kuri-ninngu.html